So-net無料ブログ作成
コンピュータとか ブログトップ

Google Chrome なかなかいいね [コンピュータとか]

Google Chrome安定版が拡張機能に対応したのを機に本格的に使っていこうかなと思い立ち、すでにインストールはしていたけどこのたび最新バージョンにバージョンアップしていろいろ使ってみました。
Developer Toolsもなかなか使えるしなかんかよさげです。

で早速入れた拡張機能の一覧です。

ページのキャプチャ
Aviary Screen Capture
ページ上のテキストを選択で自動翻訳
Bubble Translate
マウスジェスチャー
Chrome Gestures
SEO情報表示
Chrome SEO
Chrome版Stylish
Chrome Stylish
表示ページのリンクタグを簡単生成
Create Link
PDFやPPを表示できるように
Docs PDF/PowerPoint Viewer
EXIF情報表示
EXIF Reader
デバッグツール
Firebug Lite ←すぐに「無効」にしちゃったけど
ページにコメントを残す
Google Sidewiki
ページをPDF化
html2pdf
閉じたタブを履歴参照
MK UndoCloseTab
インストールされているプラグインのバージョンチェック
Secbrowsing - plugin version checker
スピードダイアル
Speed Dial
ページのキャプチャ
Webpage screenshot

タグ:Google Chrome
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

cygwin 1.7.1 (その後) [コンピュータとか]

設定内容が落ち着きました。まだちょっと問題あるんですけどね。

ざっくり書くと、
 cygwin は UTF-8 で動かして
 less や cat の際には nkf をかませる
って感じです。

以下手順です。

1)cygwin にツールなどを追加
まず nkf のソースをビルドするために cygwin のインストーラで makegccperl をインストールする。
vim で文字コードを自動判定させるために libiconv もインストールする。
あと gvim も。←なぜか vim では libiconv を見つけてくれないので・・

2)nkf をインストール
次に http://sourceforge.jp/projects/nkf/ から nkf の最新版をダウンロード。
ダウンロードしたファイルを unzip して Makefile を編集。
編集した箇所は、
 CC = cc → CC = gcc
だけ。
あとは
 make
 make test  ← 全部OKと表示された
 make install
とする。

3).bashrc を変更
#alias less='less -r'  ←コメントアウトして無効化
less () { nkf $* | /usr/bin/less ; }
cat () { nkf $* | /usr/bin/cat ; }
↑bash の alias はコマンド引数を参照できないので関数定義で回避
#alias ls='ls -F --color=auto --show-control-chars'
alias ls='ls -F --color=auto'
↑ls の --show-control-chars' を外す

4).vimrc を変更
http://www.kawaz.jp/pukiwiki/?vim#cb691f26 を参考にして、vim 起動時にいい感じにコード変換を行うように。

5)poderosa の cygwin 端末のエンコーディング設定を変更
poderosa で cygwin 端末を開いた後、エンコーディングを utf-8 に変更。

以上でとりあえず私が普段使う分には日本語表示が化けなくなりました。

vim で新規ファイルを編集してそれを cp932 で保存する方法は、
:set fileencoding=cp932
としてから、
:w
って感じでOKです。

cygwin をバージョンアップしたことで、Windows 7 において、poderosa の cygwin 接続時に dos 窓が2つ開いてしまっていたのが開かなくなりました。
タグ:Cygwin
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

cygwin 1.7.1 [コンピュータとか]

cygwin 1.7.1 がリリースされてたんで早速入れてみた(アップデートインストール)。
入れてから知ったんだけど、UTF-8 を標準でサポートしたらしいです。

cygwin.bat を起動していざ動作確認・・
案の定、問題続出ですっ(汗)
当然なんですが Shift_JIS(MS932) で書かれたPC上のテキストファイルを cat すると化けちゃいました。
でも ls とか pwd とかは問題なく MS932 な日本語を表示できてます。
cd などもちゃんと日本語ディレクトリ名を受け付けてくれます。

lessはコードページを設定してあげないとダメみたい(JLESSCHARSET)。

で、目標は poderosa でちゃんと動かすことだったのですが、やはり同じくダメでした。

時間もないので仕方なく設定を元に戻すことに(.bashrc)。
export LANG=ja_JP.SJIS
export JLESSCHARSET=japanese-sjis

とりあえず cat、less、ls は OK に。

だけど cd とか pwd がダメです・・
bash内部コマンドはUTF-8モードオンリーなんでしょか???
あとプロンプト表示(PS1)で日本語ディレクトリ名を表示しようとすると化けました。

まだまだ調査が必要です。 moconv.sh とかですかね。

タグ:Cygwin
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
コンピュータとか ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。